おいのり 祈願のご案内

 

護国神社の厄祓 八方除【はっぽうよけ】9年に1度、訪れる星回り。 家相、地相、方位、日柄からくるすべての悪事災難を取除くご祈願の事。 写真、ご祈祷の様子

地相・家相・方位等からくるあらゆる災いを取除く、八方除。

人は常にあらゆる方位から影響を受けて生活をしています。
八方塞や困難宮、鬼門、裏鬼門は、いずれも一年間にわたり強い影響力をもち、予期せぬ災いを招くことがあります。
それに限らず、日々の生活の中で知らないうちに方位を侵し、厄災が降りかかることがあります。
護国神社ではそのような災いを「八方除」によって祓い除き、明るく健やかな日々をお送りいただける様ご祈念いたします。

ページの先頭へ ▲

護国神社の八方除。

護国神社 八方除のお守り:ご祈祷を受けられた方のみ授与させていただきます

祈祷料 7,000円

撤下品
ご祈祷を受けられた方には、金糸を用いた特製の御守と、御神札、交通安全ステッカー守、写し詞、清め塩、厄災落しの盃を授与致します。

厄災落しの盃神事

厄災落しの盃神事では、盃を割っていただくことにより厄災を祓う神事です。( お受けいただいた盃に厄災を移して割っていただきます。 )

厄災落し神事の詳細はこちら

ページの先頭へ ▲

護国神社 年回り早見表 御前でお祓いを受け、清明な心を取り戻し、護国の大神様のご加護をいただいて息災な日々をお過ごしいただきますよう八方除のご祈願をお勧め致します。

平成28(丙申)年運勢盤(九星方位吉凶表) 年齢ごとに変わる星回りが、中央・北東・南西に位置する年は、災禍が起こりやすいといわれています。 八方塞【中央】方位盤の中央、中宮に当たる年で9年に一度必ず訪れる厄年です。あらゆる方位から影響を受け、身動きが取れなくなり物事が停滞する年といわれています。 鬼門【北東】方位盤の北東、艮宮(ごんきゅう)にあたる年を指します。鬼が出入りする方位とされることから忌み嫌われ、古くは平安期より避けられてきた方位で、物事が裏目に出て破綻することが多い年といわれています。 裏鬼門【西南】方位盤の西南、坤宮(こんきゅう)にあたる年を指します。鬼門の逆方位。鬼門と同様忌み嫌われる方位で、万事に注意が必要な年といわれています。

星回り早見表

・年齢の表記はすべて「数え年」です。
・大厄は男性『昭和51年生まれ』・女性『昭和60年生まれ』の方です。
・八方塞は『一白水星』、困難宮は『六白金星』、鬼門は『四緑木星』、裏鬼門は『七赤金星』の方です。
・八方除と厄除が重なる方は、厄除をおすすめします。

八方除のご祈願・お問い合わせはこちら